岡山市でインプラント治療なら

〒700-0822 岡山県岡山市北区表町1-5-1 シンフォニービル2F
岡山電気軌道(路面電車)「城下駅」より徒歩1分

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×

△:9:00〜13:00/14:30〜18:00 ×:休診日
※祝日がある週の木曜日は診療しております。
※第2土曜日と第3火曜日は矯正診療日です。

お電話でのご予約・お問合せはこちら

086-234-5255

「他院で治療を断られた」方へ

画像の説明を入力してください

セカンドオピニオンについて

他院でインプラント治療を断られた方や、提案された治療計画に不安や疑問な点がある場合は「セカンドオピニオン」を利用しましょう。

 

▼セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、その名の通り「第二の意見」を求めることで、すべての患者さまが有する当然の権利として認められています。主治医による診断・治療説明に納得がいかない場合、その他の医師・歯科医師に第二の意見を求めましょう。医学的な治療は、ご自身が心から納得した上で受けることが何より大切です。

 

◎セカンドオピニオン=転院ではない

セカンドオピニオンは、主治医とは異なる医師・歯科医師から意見を求める行為であり、転院を意味するものではありません。その点には十分ご注意ください。セカンドオピニオンを求められた医師・歯科医師も改めて検査を行い、診断を下すようなことはしません。主治医によって提供された情報を元に、自分の意見を述べるのがセカンドオピニオンだからです。

◎主治医には事前に伝えることが大切

セカンドオピニオンを利用する際には、主治医に伝えておくことが大切です。セカンドオピニオンはすべての患者さまが持っている当然の権利であり、それを活用することに悪く思う医師・歯科医師は存在していませんのでご安心ください。その旨を事前に伝えておくことで医療情報の提供もスムーズに進み、セカンドオピニオンも得られやすくなります。

インプラントにおけるセカンドオピニオンの例

インプラント治療のセカンドオピニオンは、以下に挙げるようなケースで利用されることが多いです。

 

▼骨が少ないためインプラントができないと診断されたケース

インプラント治療の可否は、骨の状態によって決まるケースが非常に多いです。なぜなら、インプラント治療では顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む処置がかなめとなるからです。

例えば、顎の骨の幅や深さ、奥行きに不足している部分があると、基本的にインプラント治療は難しくなります。人工歯根を埋入した際に、ネジの一部が骨外へとはみ出てしまうのは容易に想像できます。

ただし、歯科医院によっては「骨造成(こつぞうせい)」と呼ばれる方法で、不足した骨を補う治療を行えます。また、インプラント治療の実績豊富な歯科医師であれば、骨が少ない状態でも適切な手術を実施できることもあるのです。

 

▼かかりつけの医院ではインプラント治療を行っていないor実績が乏しいケース

かかりつけ歯科医ではインプラントに対応していない、あるいはインプラントの実績が乏しい場合は、積極的にセカンドオピニンを利用しましょう。主治医も自院ではインプラント治療が難しいことを理解しているので、患者さまも相談しやすいです。

 

▼金額が不明瞭であり、不安を抱えるケース 

インプラントで意外に多いのが治療費に関するトラブルです。「インプラント1本○万円」と広告したり、カウンセリングで説明したりしても、実際は追加料金が発生することも珍しくありません。カウンセリングや治療計画の説明の段階で、費用の内訳を細かく明示してくれない場合は、セカンドオピニオンを利用しても良いといえます。他院の歯科医に意見を求め適切な費用相場などを把握しましょう。

 

 ▼インプラント以外で多額の費用が必要と案内をうけたケース

インプラント以外の治療で、多額の費用が必要と案内された場合もセカンドオピニオンを受ける意味があります。例えば、重度の歯周病にかかっていて、歯周組織再生療法などを事前に受けなければならない場合は、それなりの費用が発生します。その費用が妥当であるかどうかは、専門家でなければ正確に見極められません。ケースによっては、法外な費用を請求される可能性もありますので、セカンドオピニオンを利用しましょう。

■骨が少ない場合の治療法

顎の骨が不足している症例では、骨造成を行うことでインプラント治療が可能となります。骨造成には以下の方法があります。

 

 

 ▼ソケットリフト

ソケットリフトは、上の奥歯のインプラントを入れる際に行われる骨造成法です。骨の高さの不足が軽度の症例に適応され、インプラントを埋入する方向からアプローチします。専用の器具を用いて骨を持ち上げてスペースを確保し、そこに人工骨などが含まれる骨補填材を填入します。半年ほど経過すると、インプラント治療に十分な骨量が確保できます。

 

▼サイナスリフト

サイナスリフトは、骨の高さの不足が大きく、ソケットリフトを行えない症例に適応されます。顎骨の側面からアプローチする点がソケットリフトと大きく異なります。歯茎をメスで切開し、顎の骨に穴を開けて骨補填材を填入します。半年ほどで骨の再生が進み、インプラント治療が可能となります。

 

▼GBR法

 GBRは、骨誘導再生療法とも呼ばれるもので、骨の幅や高さなどが足りていない色々な部位に適応できる骨造成法です。骨が不足している部分に骨補填材を填入し、メンブレンと呼ばれる人工膜で覆います。その結果、失われた骨が再生し、人工歯根を埋入できる状態を実現できます。

 

インプラント治療をご検討中の方へ

経験25年以上、3,000症例以上を手掛けた院長が担当する当院のインプラント治療について、詳しくご説明します。

当院のインプラント治療の一般的な流れをご紹介。より正確な診断と安全性に配慮した治療、丁寧なメンテナンスを行っています。

よくある質問をまとめました。その他にも気になる点がございましたら、お気軽にお問合せください。

より精密な検査・診断を行うための各種設備を導入し、感染予防も徹底しています。

当院ではインプラント治療をご検討中の方へ無料相談を行っています。お電話、ご予約フォーム、ネット予約、公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

086-234-5255

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30〜13:00
午後:14:30〜19:00
△:9:00〜13:00/14:30〜18:00
※祝日がある週の木曜日は診療しております。矯正治療は月に2回、第2土曜日と第3火曜日に診療しています。
休診日:木曜・日曜・祝日

086-234-5255

〒700-0822
岡山県岡山市北区表町1-5-1 シンフォニービル2F

・岡山電気軌道(路面電車)「城下駅」より徒歩1分
・「岡山駅」東口より徒歩10分
・「天満屋バスセンター」より徒歩5分